自分の体はガンダムのような借り物

こんにちは!

ろんじえぱぱです!

私の世代だと子供のころはよくガンダムの初期を見ていました。アムロが乗ったコアファイターがガンダムの胸のあたりに入り、モビルスーツのガンダムを動かす。。。これって見方を変えれば、人間である自分自身に当てはまりませんか?

私にはもちろん名前があり、この世ではその名前で呼ばれ、認識されていますが、そればモビルスーツであるガンダムに名付けられたものと考えます。

しかし本当の心”コアファイター”内に住む”アムロ”こそが本当の私と信じています。言い換えれば魂みたいなものです。

ちょっと宗教っぽくなってきたので、危険な香りがしますが、こう考えてください。与えられた頭と体は約100年間動くモビルスーツです。人間という肉体を持ったガンダムは脳のAIが発達していて、”わたし”であるアムロはガンダムのコクピットを通じて外の世界を見ます。心の私であるアムロが思いを伝え、それをガンダム脳が処理して、手足を動かし行動につなげます。

自分の体が有限100年のモビルスーツの機械ととらえると、考え方も変わってきます。機械はメンテナンスをしないと、機能を維持できませんよね?燃料(食事)は良いものを与えていますか?ぞんざいに扱えば、機械は劣化しやすくなりますが、それは人間でも同じでないですか?自分を大事に扱っていますか?

この人間というモビルスーツの脳AIは周りに反応して感情のおもむくままに行動するという悪いクセももっています。感情の流されるままにしておくとコクピットから見える景色はかなり色眼鏡でよく見えない状態になっています。まるで騎手のおさえがきかない暴れ馬のように、むちゃな行動に走ったり、暴れまわったり、挙句のはては、自分自身を傷つけたりもします。

アムロである”本当の私”である心を整え、精進することにより、そのガンダム脳をうまくコントロールし成長させ、モビルスーツ全体を正しい方向に導いてパフォーマンスが向上すると信じています。

私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

ろんじえぱぱ