【アンチエイジング】8時間ダイエットのプチ断食が体に与える絶大なる効果

こんにちは!

ろんじえぱぱです!

昔からよく断食は体に良いと聞いたことがあると思いますが、試した方は少数と思います。

体重の減量を目的とした場合、断食はあまりにも高いハードルで、たとえ成功しても反動の暴飲暴食を考えるとどうしても躊躇するところ。

そこで大がかりな断食でなく習慣としてプチ断食を毎日の生活に取り入れる8時間ダイエットをおすすめしています。

私自身ももう一年以上取り組んでおり、ダイエットはおろか皮膚のツヤ肌の違い、体調の良さなど私のあらゆる健康基盤のベースになっている食習慣です(*´ω`)

8時間ダイエットとは?

8時間は何の意味でしょう?これは食事時間を表します。

一日24時間の内、8時間のうちに食事を済ませるダイエット方法です。

残りの16時間を断食状態にして消化器官をひたすら休ませることにより、常に消化に奪われていた体の機能を消火以外に割り振ることによって失われていた体本来の生存機能全体を強化できるダイエット法です。

8時間ダイエットの根拠

オートファジー(自食作用)と呼ばれる機能は2016年にノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典栄誉教授が発見した体の機能です。

断食後12時間から16時間でオートファジー機能がオンになり、体細胞が体内に蓄えられた老朽化したタンパク質、故障したミトコンドリアなど劣化した細胞を分解してリサイクルし、細胞レベルで若返る作用があるとされています。

8時間ダイエットは朝食を抜くと成功しやすい

幼少時代からずっと一日3食を食べることを常識としてきましたが、1日3度食事を取れば、胃腸は常に消化に追われ、ほぼ休む時間がありません。

食事をしてすぐ寝ると寝つきの悪さを感じたり、体調が悪い時は食欲がなくなったりするように、エネルギーを作り出す『消化』は体の機能の大部分を使う重要な行為です。

午前4時から正午12時は排泄の時間、12時から午後20時は消化の時間、20時から午前4時は吸収の時間といわれています。

その消化を一日3回も行っていては体は常に消化に追われ、他の大事な老廃物処理や免疫力に体の機能が回りません。

せっかく栄養を取っても消化が忙しくて体調が悪くなれば本末転倒です。

朝起きてすぐお腹が空くことは実は珍しく、なんとなく習慣で朝食を食べている人が大半です。

朝食を食べないメリットはこちら

www.longjiepapa.com

実は朝食を食べなくても結構お腹は減らないものです。

まず「朝食を取らなくては」という常識を外してみて下さい。

そしてお腹が空き始めたらオートファジーONのサインです。

なるべく粘ってその空腹時間を大切にして下さい。体の排泄機能が活性化されて細胞単位のリサイクリングが活性している大切な時間です。

8時間ダイエットに朝食の代わりに青汁やバターコーヒーを

8時間以外の時間のプチ断食中に口にするのは消化の影響を考えて水、お茶、コーヒー等の飲料水が適しています。

朝の朝食代わりに青汁を飲めば、朝食を抜いても栄養素を補えます。

現在は口当たりが良い青汁が数多く販売してますので、青汁で栄養素を補いつつ、排泄機能を高めれば体にとって健康効果は一石二鳥です!

Amazonの青汁で売れ筋はこちら

ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)

ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉 90包

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉 90包

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

私は以前よりバターコーヒー派です。

コーヒーの成分とバターコーヒーに入れるココナッツオイルがオートファジーの活性機能が増加する効果があるとされています。

またバターコーヒーは結構腹持ちが良くて、飲用後4-5時間は空腹感が軽減できます。

私が遅番の時は午前の出勤前に飲んでおけば、午後16時ごろに始めの一食目を食べるまで空腹感に苦しみません。

スムーズにオートファジー効果を推進することができる手頃な方法でおすすめです。

バターコーヒーについてはこちら

www.longjiepapa.com 

8時間ダイエットはケトン体を活発化させる

「朝食を取らないと元気な出ない」と考える方たくさんいらっしゃると思いますが、言い換えればご飯やパンなどブドウ糖がないと元気がでないと言っているようなもの。

朝食を抜くことによって体が糖質をエネルギー源にするのではなく脂肪を燃やして生産されるケトン体が糖質代わりになり代替エネルギーになるダイエット法です。

ケトジェニックダイエットについてはこちら

www.longjiepapa.com、

程よい空腹感は脳を明晰にして集中力や思考力を上げるため、午前中のクリエイティブな作業に朝食を抜くことは非常に効果的です。

ケトン体の生産を向上するためになるべく糖質は控えめにし、インスタントフードや加工食品など原材料が分からないような食品は避けましょう。

代わりに肉、魚、豆類などタンパク質とオリーブオイルなどの良い脂質を取るように心がけていけば、無理なカロリー制限をすることなく好きなものをたくさん食べて、しかも健康的に痩せられるストレスフリーのダイエット法です。

 8時間ダイエットは毎日行おう

8時間ダイエットは巷の短期ダイエットとは一線を画します。

減量にとどまらず、あなたの細胞を若返らせるアンチエイジング効果がある非常に取り組む価値のあるダイエット法です。

必ずやあなたの体の健康パフォーマンスを上げることを私の2年の実体験から保証します。

無理のないように少しずつ取り組んで、毎日の習慣にしてしまえば後は勝手に体重が減少し、適切な体重まで落ちていきます。

その頃にはダイエットという目的はすでに忘れているかもしれません。アンチエイジングがより重要です(*´ω`)

習慣力についてはこちら

www.longjiepapa.com
www.longjiepapa.com

8時間ダイエットのアンチエイジング効果

よくテレビで50歳以上なのに血管年齢が2-30代の医師などを見たことがありますが、そのような方はみな一日一食か2食主義の方が多いのが印象的でした。

消化器官も毎日酷使すればするほど疲労し、本来の消化、吸収、排出の機能が弱まります。

程よく消化を止めてメンテナンスやリノベーションに取り組めば、そのパフォーマンスが上がり、栄養の吸収効率が上がります。

8時間ダイエットは本当に痩せる

去年の忘れもしない7月10日の91.6kgから現在の77kgまで約14kg1年で減量に成功しました。

ダイエットで得るメリットはこちら

www.longjiepapa.com

胃腸を休めて本来の消化器官の能力を取り戻せば、デトックスなどの排出機能が高まり、便秘などが解消されます。

また、仮に前日の夜に多少食べ過ぎても、その翌日に十分なプチ断食期間を設けることによって消化器官を助ることができ、前日の過食分を帳消しにすることが可能です。

8時間ダイエットを行うとお昼ごろに自然とお腹が空きます。

この空腹感がなによりも大切で体が「栄養が欲しいよ」と求めている合図。

朝昼晩とあらかじめ決めて食事していると、お腹がそれほど空いてなくてもスケジュール通りに食べています。

体が栄養を求めてないのに栄養が入ってくればそりゃ脂肪に変わりますよね。

朝食を抜けば、自分の体があなたに食事のタイミングを適切に教えてくれます。それに自然に従うことが食事の本来のリズムになります。

「お腹が空くから食べる」 を意識するとそれほど過食にならなくなります。

体の出す自然の空腹のサインに従って食事をすれば、本来のあなた自身がもつ美しい体になっていくのです。

8時間ダイエットはリバウンドしない

8時間ダイエットは大がかりな断食でなく、毎日の習慣に取り入れたプチ断食のダイエット法です。ある意味ダイエット法ではないかもしれません。

短期集中ダイエット法のような一時的なイベントではなく、ライフタイムで行う食事習慣です。

ネットを見ると短期効果を強調するコメントが目立ちますが、ダイエットを体重の増減で考えるのは木を見て森を見ない行為です。

本当のダイエットはアンチエイジング。いつもベストな自分でいるための体調を作り上げることが本当のダイエットです。

ケトジェニックダイエットと8時間ダイエットを組み合わせれば、体は否が応でも適正な体重に近づきます。

それは不健康に減量するのではなく、自分自身がもつ本来の美しい体に近づいていくのです。

8時間ダイエットは細胞の若返りとサーチュイン遺伝子を活性化させる

成長ホルモンって子供の頃や若いころの特権だと思っていませんか?

成長ホルモンが細胞を若返りを促す

成長ホルモンの分泌量は20歳をピークに減少し始め、30-40代で50%に、60代で30%と年齢と共に減少します。

しかしその貴重な成長ホルモンは睡眠時が70%、残りの分泌がなんと運動中と空腹中に分泌されるのです。

あなたが空腹感に苛まれている時、体の中では成長ホルモンが分泌され、脂肪が燃焼している大変貴重な時間なのです!是非空腹の時間を大切にしましょう。

成長ホルモンは単に言葉通り成長させるだけではありません。

消耗した体組織の修正や再生を促したり、たまった脳内のストレスを解消する効果もあります。

体の免疫力を高めたり、皮膚や毛根など目に見える形での老化を防ぐ役目もあります。

減少する成長ホルモンの分泌をできるかぎり維持させることこそがアンチエイジングの目標になります。

空腹がサーチュイン遺伝子を活性化

空腹感は成長ホルモンのみならず、長寿遺伝子と呼ばれる『サーチュイン遺伝子』を活性化します。

サーチュイン遺伝子は加齢とともに衰えるミトコンドリアのエネルギー生産(ATP)を活性化してエネルギー効率を上昇させるだけでなく、血液をサラサラにし、毒素の排出も促す効果があります。

ミトコンドリアの活性化についてはこちら

www.longjiepapa.com

またサーチュイン遺伝子が活発化するとオートファジーの機能が同時に上がります。

オートファジーは細胞レベルのリサイクルを促し、古いミトコンドリアが除去されて新品に置き換えられるので、常に体内で最新のエネルギー生産が可能になります。

それだけでなくオートファジーは体の老化の元になる活性酸素の除去や細胞の修復作業、脂肪の燃焼、シミやシワなどの皮膚の老化防止、認知症の予防や血管のメンテナンスによる動脈硬化や糖尿病の予防など、ありとあらゆる体全体の組織を常に最新の状態にアップグレードするものすごい効果があるのです。

8時間ダイエット

8時間ダイエット

  • 作者: デイビッド・ジンチェンコ,ピーター・ムーア,中島さおり
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

まとめ

16時間食べないと考えると躊躇する方もいらっしゃるかもしれませんが、要は朝食を抜けばいいだけのこと。

睡眠時間を7-8時間とすれば、午後20時に食事をとれば次の食事は翌日正午12時になります。

サラリーマンの方には朝食をコーヒーや青汁で過ごしてランチを一食目にすれば、比較的実現可能ですよね。

前日にもし食べ過ぎても、プチ断食に慣れていると翌日の食事を減らしてコントロールできるので、食べ過ぎの調整もしやすくなって自分で食事量をコントロールできるようになります。

体を常にベストパフォーマンスもってくるには食事のコントロールは不可欠です。

巷の「~飲んだらこんなに痩せた!」などのチープなダイエットを卒業して、本当に自分の体のためになる健康的なライフタイムのダイエット法を身につけましょう。

必ず自分の体が変わってきます。脳が明晰になります。体が疲れにくくなります。

まるで以前とは別人になったかのような超人感覚になれます。

昔しょっちゅうスーパー銭湯行ってましたけど、今では一度も行きません。行く必要を感じる程毎日疲れを感じないのです。

それでも毎日仕事の合間に時間を削ってブログ書き続け、以前より1日の密度が格段に濃くなっても、毎日の疲労を持ち越さない強さが何よりもその証明です。

あなたの体のもつ本来の機能を知ってみたいと思いませんか?誰しもが持っている機能。しかしその機能を引き出している人はわずかです。

8時間ダイエットはあなたのエネルギッシュで情熱に燃えるあらゆる行動を支える揺るがぬプラットフォームになります。

もう一度、食事習慣を見直し、あなたが持つ本来の体の機能を引き出してみて下さい。その力に驚くのは誰よりもあなたです(*´ω`)

私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

ろんじえぱぱ