CATEGORY

書評

  • 04/05/2020

【読書・おすすめ本】「生きていてよかった」相田みつを著

こんにちは!ろんじえぱぱです! 今回ご紹介するのは、みなさまもお馴染みのフレーズ「にんげんだもの」で有名な相田みつを氏の代表本「生きていてよかった」です。 「失敗しないように」「恥をかかないように」「勉強ができるように」など世間体に見合った「いい子」でありつづけることが理想と教えられた私にとって、相田みつを氏の人間らしいフレーズはすべて心に響きます。 なぜ「つまづいたっていいじゃないか」というフレ […]

  • 04/03/2020

【読書・おすすめ本】「うまくいっている人の考え方 完全版」ジェリー・ミンチントン著

こんにちは!ろんじえぱぱです! 先日のブログで私を人生のどん底から救ってくれた本「完全版心の持ち方」をご紹介しました。 自分の価値に気づき、自分を取り戻すことの大切さを感じ取った私は、この著者のもうひとつのベストセラーを手を伸ばしました。 「心の持ち方」で私は人生の心の底から救い出されたのに対し、「うまくいっている人の考え方」では今後進むべき自己価値のあり方を教えてくれた「光」のような本だと感じて […]

  • 03/29/2020

【読書・おすすめ本】「チーズはどこへ消えた?」スペンサー・ジョンソン著

こんにちは!ろんじえぱぱです! 今ブログを書いている現在はコロナショックのど真ん中です。 東京では毎日感染人数が急激に増加し、まさに五里霧中のような不安定な状況が続き、私のみならず、みなさんも不透明な不安感に包まれていると思います。 一年前は2020年はオリンピックイヤーと心躍っていたのが、まさかのコロナショックで経済が大打撃など誰しもが予想できなかったでしょう。 しかしコロナウィルスのみが私たち […]

  • 03/26/2020

【読書・おすすめ本】「完全版心の持ち方」ジェリー・ミンチントン著

こんにちは!ろんじえぱぱです! 私がこの本に出会ったのはちょうど仕事でうまくいかない日々が続いていた時にふと本屋さん手にとったことがきっかけです。 当時の思考能力は低く、好奇心もかなり低めで毎日無気力に過ごしていた時だったので、小難しい内容はもちろん読める力はありません。 本のタイトルに何気なく惹かれて手にとってみたら、内容が簡潔でわかりやすく、その時の私の心にズバズバ刺さる内容だったので思わず買 […]

  • 03/23/2020

【読書・おすすめ】「スタンフォードの自分を変える教室」ケリー・マクゴニガル 著

こんにちは!ろんじえぱぱです! この度新しいブログの試みとして、書評ブログの記事も始めることに決めました。 なぜ書評ブログなのか?理由は簡単。自分が本好きだからですね笑 以前にも書きましたが、私はこれまで受験勉強から40才までほぼ20年間、本来しい本は一度も読んだことがありませんでした。自分の人生経験で十分やっていけると思っていたからです。 その後自閉症の娘が生まれ、父が亡くなり、人生が激動して行 […]