HP【ヘルスポイント】とMP【メンタルポイント】

  • 05/09/2019
  • 12/06/2019
  • 思考
 こんにちは!

ろんじえぱぱです!

 HPとMP

みなさんも一度はロールプレイングゲームしたことがありますよね?

主人公である勇者を自分自身と例えると、一番注目するのがHP(ヒットポイント)とMP(マジックポイント)の数値だと思います。

HP(ヒットポイント)は例えるならば、体力とか健康とか身体に関することですので、ここではあえてヘルスポイントに置き換えます。

MPの重要性

対して、MP(マジックポイント)は魔法とか知性に関することなので、こちらをメンタルポイントと呼び名を変えると、現在の自分をより分かりやすく二面化できると思います。

これまで私が注目していた項目はどちらかというとダイエットや筋トレなど体の健康に関すること、すなわちHPのみに注目して、MPの数値に関してはほとんど関心を示しませんでした。

なぜかというと自分の中でMP(メンタルポイント)は脳や知力ですので、今更何をしてももう手遅れだし、頭がよくなる?ことなどありえない。トレーニングするのは不可能と考えていたんです。

MPはロールプレイングゲームを行えば、その重要性は一目瞭然で、MPなしにはどこにも行けないですし、どんなに強い敵に打ち勝つのはほぼ不可能と言えます。

魔法を放つことによって、敵に対して攻撃できるだけでなく、主人公のHPを回復させたり、防御力を高めたり、さまざまな効果をもたらします。

その重要性はMP(メンタルポイント)に意味を変えても全く同じ重要な意味を持つことにこの数年で気づきました。

MPアップの効能

人におけるMP(メンタルポイント)はHP(ヘルスポイント)とたくさんの相関性があります。

HPを保つ働き

健康の維持は1日にはできません。MPが足りないと一時的な誘惑に負けて、自由気ままに乱れた食生活を送ったり、夜遅く起きていたりするようになります。

ちなみに人のHPは25歳前後が最高数値です。若い間は成長ホルモンが出続けてHPが高いのが特徴です。

20代にインスタント食品やファストフードを食べまくって、多少HPが減っても通常の生活に影響を与えませんが、30歳を超えるとHPは激減。もろにその影響を受けます。

普段のパフォーマンスが知らず知らずのうちに下降し始め、風邪なども前に比べて引きやすくなってきます。また20代の頃になかった下っ腹が出てくるのもこの頃です。HPの低下がその人の健康度を如実に表すようになります。

 HPを増やす働き

HPを構成する体の健康や食事、ダイエットなどのフィットネスは1日では成せず、毎日の継続が不可欠です。

MPを増やせば、健康管理に不可欠な継続力を忍耐強く支えることが出来るようになります。それだけでなく、健康に不可欠な食事の選択や食欲のコントロール、ダイエットに対する挑戦など、HPの数値を向上させる貢献度は計り知れません。

 HPを回復させる働き

勇者のように毎日私たちは冒険の旅にでます。そう”仕事”です💦

仕事では様々な業務内容や人間関係などでいわゆる”ストレス”という攻撃を受けます。ストレスを受け続けるとHPが下がり、発散のため、飲み食いに走るとHPは一気に減少します。

もしMPが高ければ、そんな自分自身が乱れていることを客観視する魔法を使うことができ、自分の状態を正確に把握した上で次に何をすべきか冷静に考えることができるようになります。

その結果としてHPが訳もなくだだ下がりすることを防ぎ、自身の行動基準を常に正常に戻すことが可能になります。

 攻撃力を高める働き

MPの増加によって集中力を上げる魔法が使えるようになります。感情のブレをコントロールできるようになるため、日々のパフォーマンスが向上し、常に安定した自分自身を発揮することが出来ます。

 防御力を高める働き

自身を客観視できる魔法を使うことにより、ストレスを受けている時の感情を客観視し、回復する方法を考えだせます。

また生活の規律が生まれるため、ストレスや感情の乱れを受けにくくなり、日常生活の乱れが生じても矯正することができるようになり、攻撃を受けてもHPの損害を最小限に食い止めることができます。

  • MPを増やす働き

ご存じのように人の体の成長は25歳前後をピークに下降を始めますが、脳に関しては、年齢にかかわらず伸び続けるという可塑性がすでに科学的に証明されています。

ということは、HPの上限は伸びしろが少なくても、MPに関しては皆が大魔導士になれるチャンスがあるということです!巧みな魔法を操り、自分自身の本来の力を数倍にすることが可能になるわけです!

蘇生魔法

今回のゴールデンウィーク中に食中毒にかかりHPが大激減しましたが、MPによる客観視魔法で乗り切りました。

自分のHPの状態を見極めて、嘔吐が激しい時は無理をせず休養を優先させ、胃の状態と相談しつつ次第におかゆなどやさしい食事に切り替えて、無事2日ほどで完治しました。

常に自分を客観視できることによって、その時その時に最適な対策をコントロールしながら適切に打ち出すことが出来ます。

今回は食中毒による瀕死状態でしたが、もし今後、他の原因で同様のHPの低下が起きても、限られた選択肢の中でメンタルを保ちながらできることをやれる自信が以前に比べて出てきた気がします。

まとめ

MPを鍛えることは結果的にHPの維持、増強につながり、あなたという勇者の総合的なレベルを格段にアップすることが可能になります。

HP(ヘルスポイント)が自身の健康と体つきなど外から見える部分を構成するのに対してとMP(メンタルポイント)は外から見えない自分自身の内部を司る重要な要素で、その支配率はHPと同等の50%です。

HPはMPによって支えられているといっても過言ではありません。

MPは自身の脳にもともと備わっているもの。自分の中に眠る地下鉱脈なのです!

この地下鉱脈を掘り起こして、知性の泉が湧き出れば、私たちの見るいつもの景色も変わり、より毎日が充実するようになります!

皆さんも自分のMPを開拓して、人生の大魔導士を目指しましょう!

私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

ろんじえぱぱ

ヘルスポイント メンタルポイント
最新情報をチェックしよう!