ストレスを一瞬で解消し、力に変える魔法の言葉

こんにちは!
ろんじえぱぱです!

コロナウィルスが以前として猛威を奮い、今だ収まる気配を見せません。

緊急事態宣言、学校閉鎖、娯楽施設閉鎖、外出自粛など、これまでまさに「ありえない」ことばかり発生しています。

まさにこの世は無常であることを思い知らされ、自分がコントロールできないことばかりですが、唯一自分ができることがあります。

それは「自分の気持ちや感情は自分で作りだすとができる」ということ。

気持ちをコントロールし、心穏やかに保つことは自然ではなく技術です。

自分の気持ちをコントロールできれば、その日のいろんな出来事に対し、常に最善の行動を取りうることができるようになります。

コロナの恐怖で自宅に引きこもり、ゲームやビデオで毎日を過ごしてしまうのか。それとも、与えられた休日を自己研鑽と機会ととらえるのか。

心構えひとつで今後の未来が変わります。今この目に見えぬ不安と恐怖を前に、私たち一人ひとりが正に心のあり方を問われている気がしてなりません。

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法

ストレスは人生のスパイス

今では何かと「不快なこと、思い通りにならないこと=ストレス」のような形で表現されることが多くなり、いかにストレスを避けるかに重きが置かれる昨今。

しかし自分の意にそぐわないことをストレスと感じていると、毎日の生活がストレスだらけになってしまいます。

そもそもストレスって悪いことでしょうか?

筋トレが良い例ですが、筋肉をつけ、肥大させるためにはかなりのストレスの負荷を自分自身に与えます。

同じように自分な好きなゲームを例えると、ステージクリアを目指すために、自機や主人公が何度もやられたりして、相当なストレスを受けながらも、ボスキャラを倒すところに充実感を見出すと思います。

ストレスがない生活を想像してみてください。毎日刺激がなく同じ生活の繰り返しは初めの2,3日は良いですが、やがてその退屈さに耐えられなくなってきます。

今のコロナウィルスによる休み急増は、改めて休日の時間の意義を私たちは問われているような気がしています。ストレスがない日々は必ずしも幸せとは限らないのです。

ストレスは受け止め方によって体にメリットにもデメリットにもなりえます。

ストレスが心を病むのは慢性的にジワジワ続くようなストレスであったり、心がそぐわず、自己犠牲を払って行動しているな明らかに「非生産的や生理的嫌悪感を感じる」時に生じます。

長期的なストレスを受けると体内は言わば内戦状態になります。体内の炎症を至るところに招き、老化が早まり、全機能の低下を招く恐ろしい火種になります。

反対にストレスが筋トレやゲームのように「自身の成長のためになる」と考えると、ストレスを味方につけて抵抗する力が湧き、集中力や辛抱強さも向上してより大きなことを成し遂げることができるようにもなります。

ストレスという火の力をどのように扱うかが人生を変える大切な鍵になるのです。

感情が与える脳内メカニズム

私たちがストレスや怒りを感じた時、まず本能的に感情で反応します。「なんだこいつ」「あーやっちゃった」「なんでこんなことできないんだ!」と感情が頭の中を駆け巡り、一時的に冷静さを失います。

感情が駆け巡っている間、私たちの脳を仕切っているは本能である扁桃体を中心とする大脳辺縁系です。

扁桃体は人類が生存のために必要だった大切なOSなのですが、今の情報化時代には残念ながら時代遅れのOSなのですね。

それを補うのが、私たちが人間たるゆえんの前頭葉と呼ばれる理性脳になります。感情から離れ自分を取り戻すことは、言い換えれば、脳のOSのスイッチを大脳辺縁系から前頭葉メインに切り替えることを表しています。

ストレスを力に変えるリアプレイザルとは?

リアプレイザルはそんな感情的に認知することをもう一度問いかけ、「違うんじゃね?」と自分に問い直すという感情コントロール法です。冷静さを取り戻すことで本来の高度な脳にメインOSを切り替えるのです。

リアプレイザルは認知的再評価と呼ばれ、「リ(re)再び」+「アプレイザル(評価)」を組み合わせたフレーズです。

リアプレイザルはストレスや怒りから今自分が感じている感情を再評価し、新たに自分にとってプラスになるような解釈を行うことで脳の神経のつながりの再設定を行う自己暗示です。

リアプレイザルの代表的な例をあげます。

  • 困難な状況に置かれている → 自分を成長につながる環境に置かれている!
  • 緊張してきた → 戦闘態勢になって集中力が上がってきている!
  • 怒られた → 自分に足りないことを指摘されると成長につながる!
  • 自分が嫌い → がんばってるんだからちょっとくらい許してあげなよ!

子供だましのように聞こえるかもしれませんが意外なほど効果があり、ストレス反応に対して17%−20%の改善効果があったとする研究結果がでています。

思い込みの例としてよく挙げられるのがプラシーボ効果です。


有効成分が含まれていない薬を投与され、機序がないにも関わらず、患者は薬が効くと思い込んでいることにより、病状に改善・回復の兆しが見られること。もっぱら思い込みの力によって実際上の効果・影響が表れること。

weblio辞書より

疲れた時のエナジードリンクとか、「〜にはこの一本!」など、よく分からないけど効いている気がする私たちの生活で最もなじみのある心理効果ですよね。

このように私たちの脳はは思い込み、つまり「外的な刺激や内的な感情に対してどのように解釈し、認知するか」によって想像以上の影響を受けます。

感情を操る本能の辺縁系は脳を実質支配する巨人。リアプレイザルによって理性に働きかけ、辺縁系という巨人の方向をポジティブに変えることで、私たちの行動が全て黒から白のオセロのように変わってくるのです。

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法

リアプレイザルがもたらす心理的メリット

リアプレイザルは私たちの心に直接働きかける自己暗示法です。

リアプレザルの即効性

ストレス反応したと同時にリアプレイザルを行えば、ネガティブ感情の毒が脳全体を覆う前に行動の指針を変えることができます。

ネガティブ感情が巨大化すると感染しやすく、次のネガティブ感情を招きやすいので、早めにネガティブの渦から自分が抜け出すことでより冷静に改善策を考えやすくなります。

リアプレイザルは感情の筋トレ

リアプレイザルの素晴らしい利点は、使えば使うほど脳の神経回路が修正され、より簡単に自分の脳のスイッチを切り替えることができるようになることです。

脳の可塑性と呼ばれ、私たちの脳は、年齢を問わず神経回路を再構築することができることが証明されています。

脳の可塑性とは「発達段階の神経系が環境に応じて最適の処理システムを作り上げるために、よく使われるニューロンの回路の処理効率を高め、使われない回路の効率を下げるという現象」のこと

医療人類学辞典

瞑想もその可塑性を利用した感情コントロールの方法です。脳も筋肉のようにトレーニングを重ねるほど感情コントロールがうまくなっていき、自由自在にかんスイッチのオンオフが上手くなっていきます。

リアプレイザルは感情に気づくことができる瞑想との相性が抜群です。リアプレイザルと併用して瞑想を始めることを是非おすすめします。

瞑想 毎日 3年間 効果
瞑想 効果

リアプレイザルで実感した効果

実際私が生活の中でリアプレイザルを使用している例を紹介します。

私は毎日8時間ダイエットでは朝食を抜くので、時折仕事中にお腹がすきます。お腹が空いてきたらリアプレイザルの出番です!

「お腹が空いてきたのは、飢餓モードがオンになって最高のパフォーマンス状態だ!」と考えていると確かに空腹感から気を逸らすことができて、本当に集中力が上がってきます。

娘が寄声を発して暴れている時、ぐっと怒らずこらえている時はすかさずリアプレイザル!

「今のこの辛抱強さや寛容な心が自分の成長をもたらしてくれる、今の気持ちを絶対ブログで書く!」

このように色々な場面で辛い立場にある時は「今の苦しみは必ず成長の糧になる」と考えると毎回力が湧いてくるのを実感します。

もし仕事でミスした時は有無を言わさずリアプレイザル!

「この失敗でうまくいかない方法を学んだ。勉強になった。今が底」などなど。

上司に言ったら言い訳と言われることも、心の中でリアプレイザルを唱えることによって脳がストレスを成長の糧と勝手に思い込んで失敗に一喜一憂することがなくなり、積極的にミスの原因を探ろうとする姿勢に変わりました。

このようにストレスを受けている状況を再定義することで、ストレスを真正面からガチ受けするのではなく、うまく心をひねって直撃被弾することを回避することができるようになります。

心に余裕がもてるようになるとうまくいかなかった苦境を冷静に分析することができますし、次につながる学びも得られやすくなります。リアプレイザルはストレスからの自分を取り戻す「復活の呪文」なのです!

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法

さいごに

私が影響を受けた名著「菜根譚」に逆境を乗り切る心構えに触れた名フレーズがあります。

逆境の中にいるときは、身の周りのすべてのことが鍼(はり)や薬になり、それで節操を砥ぎ、行動をみがいているのであるが、本人はそれに気づいていない。これに対して順境にあるときは、目の前のすべてのことが、実は刃や戈となって、それで肉を溶かし骨を削っているのであるが、本人はそれを知らずにいる

『NHK100分de名著 洪自誠 菜根譚』より

私も5年前の写真と現在のとを比べると顔つきがまるで変わっていて、「この5年間でずいぶん成長したんだな」と顔つきを見るだけで実感することがあります。

確かにこれまで変化が少なかった30代の10年間は変化が乏しく、同時になんの成長ももたらさなかったのに対して、逆境だらけの40代はたった5年間でも、まるで別人のように私の人格や思想が成長しました。

その成長をもたらしたのは娘の自閉症の育児や父の死、母の病など紛れもなく逆境だったのです。

なぜ逆境が成長をもたらすのでしょうか?

逆境下では怠惰は通用しません。自分の大切な価値が失われる危機にあるため、自分がもてる力を常に最大限発揮する必要があります。

その本気で行動したことによる経験が、活きた知恵を生み出し私たちの人間的成長をうながしてくれるのです。

人生にストレスはつきものですが、ストレスは必ずあなたを高みに導き、成長をもたらす調味料であることも事実!

ストレスを過度に恐れず、うまく乗りこなしていけるよう心の持ち方を変えて、ストレスによるスパイスで日常に良い風味づけを与えましょう。

私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

ろんじえぱぱ

ストレスを一瞬で解消し力に変える魔法の言葉
最新情報をチェックしよう!