【時間 有限】有効な時間を作り、時間に意味を持たせる方法

こんにちは!

ろんじえぱぱです!

最近ブログに夢中になるにつれて感じたのが、夢中になればなるほどブログへの時間の確保です。

以前にも時間の大切さについてお話しています。

www.longjiepapa.com

www.longjiepapa.com

サラリーマンとの兼業でしかも家庭がいるとなると、いかにブログの時間を確保しながらも両立を目指さねばなりません。どちらも私の人生を彩る大切な一片ですから。

現在でも試行錯誤を繰り返している中で、自分なりに答えが出てきたのでお伝えします。


時間の無駄を見直す

一日の時間は24時間。決まった枠は変えられません。

一日の時間枠全体を人の体と考えて、まずこれまで無意識に行ってきた時間の無駄(ぜい肉)をしぼっていきます。

時間がないと言いつつやっていること

「時間がない」はみな当たり前。言い訳以外何物でもありません。小学生だって勉強に追われています。なぜなら時間があっても何かに使っているからなんですね。

時間の無駄:インターネット、ゲーム

私にとってこれが無意識の無駄の源泉でした。ツイッター、ユーチューブ、SNS、ニュース、一通りチェックしないと気が済まなくて、気づいたら2-3時間ざらに過ぎています。

これまで悪習慣になっていたので一度見直し、本当に見たいのはどれなのか、毎日見なくてはいけないものなのかを考えて、少しずつ縮小していきました。

時間の無駄:テレビ

今ではネットに主役を奪われた感がありますが、こちらも無意識に時間を奪っていきます。

私の場合は特に食事後にだらだらテレビを見続けるクセがあったので、それに気づいて意識的に見たい番組を選別して集中してみるように変えました。

時間の無駄:ダラダラ過ごす

休日等なんとなく時間があると、ひとつひとつの動作が緩慢になり炊事洗濯、掃除、ひとつひとつの行動に面倒を感じてダラダラ行うクセがありました。

今でも課題ですが、普段の筋トレや朝のルーティンも時間の制約がないと、やはり意識の緩みからかダラダラ行います。

ダラダラすることは時間を意味なく引き伸ばすだけでなく、集中力に欠けているため、行動の質も低下します。

休憩は休憩、やる時はしっかりメリハリをつけるように意識づけています。

時間の無駄:週2回以上の友達付き合いや飲み会

友達づきあいや飲み会はもちろん大切な時間です。しかし恋人ならともかく、同じ人と週2回以上なんとなくマンネリで付き合っていたりしませんか?

それは有意義な時間ですか?何か学びを得ていますか?自分の向く方向性で、付き合いが意味を成すかどうか変わります。

私は付き合いに学びがあれば喜んで付き合いますし、有意義と感じますが、今ではダラダラ付き合うくらいなら、正直本を読んだりブログを書いている方が時間に有意義を感じます。

友達のつながりも大切ですが、私の人生経験上、そのつながりや付き合いに意味を見いだせなければ、いづれその繋がりは自然消滅します。

なんとなくお互いのライフサイクルが同じでさみしさを埋め合わせるためだけに付き合ってるとしたら、お互いの傷をなめ合っている状態です。

このような関係に陥ると、つながり維持のためにそれぞれ新しい行動がしにくくなり、お互いが足を引っ張り合うようになるので、むしろ人生にとってマイナス要因になります。

大切な時間を考える

24時間の中で無駄なぜい肉時間を割り出したら、今度は反対に絶対に削っていはいけない自分の体にとって絶対削れない骨盤に値するような大切な時間を割り出します。

大切な時間:家族との時間

私にとって、いくらブログが大切と言っても家族の時間を疎かにしては本末転倒です。いつでもファミリーファースト。

この時間はブログのことは忘れて、ひたすら子供と妻に集中して一緒に有意義な時間を楽しみます。

そこから学ぶことも少なくなく、父親としての数少ない共有する時間ですので、ブログのことが気になっても、そこは割り切って家族時間は絶対不可侵な時間と決めています。

大切な時間:読書の時間

以前に比べてブログを頻繁に書くようになってから、読書の時間が比例して少なくなっていたのがずっと気になっていました。

自分の可能性を伸ばし、知識を仕入れて実体験で学びを得る上で読書は欠かせない要素です。

毎日ブログに触れながらも、必ず読書の時間を最低30分から1時間は持つように優先順位を決めて、ブログと両立するように時間割を組んでいます。

大切な時間:筋トレ、瞑想等、朝のルーティンの時間

朝起きて1時間は大切なウェイクアップセレモニーの時間です。

www.longjiepapa.com

この時間を削るといつもの私でなくなるので、女性の化粧のように重要な時間です。したがってこの時間も私の中で最優先の時間と認識します。

大切な時間:勤務時間や通勤時間、寝る時間

仕事をする以上、勤務時間と通気時間は固定時間。職場近くに引っ越さない限りは短縮は難しいですよね。どうしても削れない時間になります。

また、私の平均睡眠は5-6時間で、どちらかと言えばショートスリーパーに属します。

時には睡眠時間を削ってブログを書きたくなりますが、その代償は年のせいか大きく、翌日全体のパフォーマンスが著しく下がります。

そんな無理をするくらいなら、ブログを一日延長した方がまだ全体的に見て生産性が

高いので、なるべく睡眠時間は削らない黄金時間と定めています。

スキマ時間にできることを考える

24時間の時間枠の中でまだ時間が足りなければ、割り出した大切な時間の中でスキマ時間を見つけて、有効活用する方法を考えました。

通勤時間を有効活用する

私は職場まで約40分車で通っています。車内の静かな雰囲気はブログのアイディアを思いつくにはうってつけの時間です。

休憩時間を有効活用する

休憩時間も重要なスキマ時間。ツイートをしたり、勤務中ポップアップしたブログのアイディアをまとめたりしています。

しかしあまり夢中にならぬように。目の前の同僚との会話は生身の会話。必要以外はスマホは仕舞って、同僚との会話を楽しむことがとても大切です。

これまでの習慣を時短に変更する

最近、懸垂マシーンを購入しました。

これまでの筋トレをさらに短縮して効果的に鍛えられるので、朝の時間が20分ほど短縮されました。

また、スーパーの買い出しもなるべく1週間まとめて買い出しをするようにして、以前のように毎日だらだらスーパーやコンビニに立ち寄るクセを見直し、毎日20-30分の時間を確保しました。

時間の制約を味方につける

もともと人の時間には制約があります。制約を受け入れ、集中力を高めることによってやる気やパフォーマンスに変えました。

読書は長くても1時間半までと決め、ブログは最長3時間まで。ダラダラせず、長引くようなら翌日に延期です。

メリハリをつければかえってダラダラしなくなります。また集中力をアップする飲料も紹介してますのでブログ執筆中にはエナジードリンク代わりに飲んでいます。

www.longjiepapa.com

www.longjiepapa.com

 時間を意識する習慣を作る

ブログを書くことによって、今まで意味なく過ごしていた時間が急にとても大切な時間に切り替わります。

時間に対して意識をもつ

「時間は有限。死を意識しながら生きる」これまで聞いたことがある名言です。

死を意識することは悲観的になることではなく、いつ死んでも前向きに倒れて後悔しないようにすること。いつ死んでもいいように毎日を輝かせること。

わたしたちが行っている行動が意味を持つかどうかを考えることは、積み重ねの時間が作る私たちの人生の方向性に大いなる変化をもたらします。

本当に死ぬかどうかは分かりませんし、意味を持ちません。いつ死んでもいいような意味のある時間日々を意識することが大切です。

時間を貴重だと考えた時、私の行動は明らかに変わりました。全ての時間を意識して毎日が楽しくなりました。

くよくよする時間ももったいない!いつも前向きに何でも受け止めて、私なりに一生懸命生きています!

時間に対するコスト感覚をもつ

時間に意味を認識することはまるで24時間という肉体の体脂肪率が減って全身が筋肉質になるような感覚です。

初めは自由を失ったような、少し窮屈に感じられるかもしれませんが、後に必ず充実感で満たされるようになります。

私たちの職場の時給を割り出せば時給が算出されます。1時間の価値をお金に換算することによって、今行っている時間が本当にその時給に見合っているかが身に染みて分かってきます。

まとめ

若い時は無限のように感じられた時間。時を重ねるにつれ、毎年毎年早く過ぎ去っていくような気がしませんか?

時間を意識するようになってから、元旦に一年前の自分を振り返ると、如何に一年で心身が成長したかを感じられるようになりました。

今年の初めにはブログも始めていなかったのですから、これも大きな進歩です。

毎日毎日流れてくる時間を無駄にしないよう自分の活動のエネルギーに変えていきましょう。時間だけが人に与えられたこの世で唯一平等なものなのですから。


私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

ろんじえぱぱ